スパッタ飛び散るひよこの劇場。あっちこっちに飛び散る方向性をまとめつつ送るひよこのひよっ子な日常。アニメやコミック中心に色々と趣味に走っています。
工画堂スタジオ『白衣性恋愛症候群』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来の行く末は神のみぞ知る。と言う話

タイマー更新。ピヨ吉です。

最近はアニメ感想のみ別記事にまとめようかと検討中。あるいは個別記事に。

しかし一日二回更新も出来んし、個別記事にできるほどレビュー記事書ける力もないので、今の形を維持かなーと(´・ω・`)

画像キャプチャできればシーンごともできそうですけど、面倒くさい時間がなかなか無いですのよ。

当面はこの形ですかね。一応、ブログジャンルもアニメですしおすし。

@アニメの話

秋アニメもFORTUNE ARTERIALと神のみぞ知るセカイが放映開始したので、感想など。

FORTUNE ARTERIAL

期待度★★★☆☆
萌え度★★★★★

オーガストより発売された同名ゲームが原作。ちなみに私は未プレイ。

色々と不安が囁かれてましたが、本放送ではその不安を払拭する出来でしたね。作画良好。原作プレイ済みの人の感想聞くと、原作に近い絵だそうで。

一話はキャラ見せ回ですかね。一通りのキャラは出てきたようです。そして湯気大量出演なお風呂を挟んでラストでちょっと本筋に。

感想は……当たり前ですが、一話では何とも言えない。しばし様子見です。

フライパンマジ殴りシスターとかチビっ子お姉さんとか気になるキャラはいますけどね。出来のいい妹がいる姉って、大抵、上が子供っぽいかダメ人間かその合わせ技になる気がします(´・ω・`)

ちなみにOP・EDはかなり良い感じでした。本編もこの感じを最後まで保ってほしいところ。

神のみぞ知るセカイ

期待度★★★★☆
ラブ度
★★★★☆

少年サンデー連載の同名漫画が原作。原作は途中まで読んでます。

内容は『落とし神』と呼ばれるギャルゲマスターな主人公が、ひょんなことから地獄の悪魔と契約。地獄から逃げ出した悪霊、駆け魂を捕まえることに……というモノ。

駆け魂はココロの隙間に逃げ込んでいるので、恋に落として隙間を埋めてしまえばいいという。

要約すれば、二次元至上主義な主人公が、ギャルゲで培った知識を使って三次元女子なヒロインを攻略すると言う。

放送直前になって流れるの思い出したくらいだったんですが、見てみると意外に面白いです。

第一話は悪魔エルシィ登場と、陸上女子の高原歩美の話。まずエルシィが可愛い……。やっぱり声が付いて動くと印象変わりますね。

これでさらに原作に沿うと……この先のエルシィ回が楽しみでたまりません!

原作が一巻につきヒロイン二人くらいなので、テンポも良いですね。今回のヒロイン、歩美も可愛いです……! ちょっと展開は速いですが、すっきりまとまってるのであまり気になりませんね。

最後の告白シーンも実にええです。赤面した女の子はホント可愛い……!!

今後も様々なヒロインが出てくるので楽しみですね。基本、短編形式なのでサクサク観れそうです。




と。今日はこんなところですね。

では。これから夜勤につき、そろそろ行ってきますの。

更新時間にはお仕事真っ最中ですが。


それでは。今日はこのへんで。

しーゆーれいたー。

スポンサーサイト

秋アニメ雑感。という話

更新より逃走中。ピヨ吉です。

逃走中みつつ更新中。週末は体調崩してまた休んでおりましたの……。最近、週末にばっか体調崩してる気がする(´・ω・`)

そんな幻の三連休満喫中な私は昼間の暇な時間使ってアニメ消化しておりました。

さすがに一週間分録り貯めてると結構な量になってましたね……。でも一気に観ると、比較もしやすいのも確か。

しっかりと優先順位決めとかないと、後々BD・DVDを予約するときにお財布が大変なことになりますの。

お財布的に最大で四本が限界ですかなー。できれば二本で収めたい所。大体エロゲ一本分、ユキチお一人様が目安です。

さて。そんな訳で、お察しの通り今日はアニメ感想記事ですの。ゲームはチェック追いついてないですの……orz

@アニメの話

という訳で、今期始まった秋アニメ。一通り見終わったので簡単な感想でも。

多分に個人的趣味・趣向の加わった上にけっこう大雑把な評価ゆえ、なんの指標にもならんので要注意ですの。

おとめ妖怪ざくろ

期待度:★★★★★
乙女度:★★★★★

妖怪が起こす事件に対処するため設立された、妖人省を舞台にした物語。同名少女漫画が原作。

予想以上に面白かったです。まだ一話ですけど、ノリとテンポは好きですね。

主人公が気障ったらしいですが、それも良いギャップになってて面白いです。ついでにすっっっごいヘタレなのですねぇ。

ラストシーンは格好良く決めてくれましたけどね。気障に格好良く言った一言はインパクトありました。思わずツッコミそうになりましたが。

何と言ったかは各自でお確かめを。まだ一話しか見てないですが、今後もかなり期待できそうなのでお勧めです。

惜しむらくはDVDしか出ない点……。その分、値段は下がるので集めやすいのですけどね。

ちなみにヒロインのざくろも可愛いのですが、個人的には蛍を押したい。無愛想でも優しい利劔(りけん)に揺れる乙女な感じが実に可愛くてキュンキュン来ます。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない

期待度:★★★★☆
ブラコン度:★☆☆☆☆

今期の注目株。同名ラノベが原作。一見パーフェクト超人な妹と、凡庸な兄貴の冷め切った兄妹の関係がとある人生相談から奇妙な具合に交差していく話。

原作のイラストレーターさんが作画監督やっているだけあって、原作絵そのままに動き回る桐乃にちょい感動です。

一話は原作通りに進行。でもやっぱりアニメだと違いますねぇ。桐乃のちょっとした仕草を深読みして勝手にニヤニヤしてますですの!!

桐乃の趣味語りのところとかは特に良かったですね。桐乃生き生きです。そしてその財力が羨ましい(>ω<:)

ちなみに、今回はOPがEDに流れてますが、中々の良曲なので是非聞いてみてください。中学生ユニットとはちょっと思えない歌声です。

あと、さきほどツイッターで流れてたんですが、二話のエンドカードをブリキさんが描いてるとか……!!



ツイッターで画像流れてきたんで速攻即応即保存しますた!!

縦横比がちょうど良かったんでデスクトップ背景に設定完了。もう色々とご馳走様ですな(*´Д`*)

侵略! イカ娘

期待度:★★★★☆
キュート度:イカ娘の可愛さは∞

イカ娘が可愛い!! 以上!!

そらのおとしもの フォルテ

期待度:★★★★★
馬鹿度:★★★★★

同名漫画が原作。空飛ぶパンツなどで有名な一期が有名ですが、二期でもやってくれてます……。

OPでチクビ解禁!! 嘘ハ言ッテイナイ!!

冒頭から飛ばしまくってました。今期も間違いなくコメディ部門ぶっちぎり一位確定ですね。

一話はダイブゲームという、夢に入り込むシナプスのゲームでトモキの夢を探ろうというもの。

中々目的の場所につけず、色んな夢を覗くんですが……守形の夢では危険渦巻くアドベンチャー。会長の夢ではバイオレンスにゲリラ戦と。

ちなみに守形の夢ではちゃっかり水晶をガメたトモキですが、あっという間に光の粒子へと……。夢の中のモノは持ち帰れないとのこと。

そして三回目のダイブではついに彼女の夢の中へ……

そはら可愛いよそはらっ!!(*´Д`*)

やーマジで今回そはらが可愛かったです。自制の効かない夢の中ではまさにそはらの夢のような世界が広がっていました。胸圧……違った。胸熱。

そして肝心のトモキの夢ではいつもと違う、巨大な石碑と冬眠したシイの木があるだけの殺風景な場所に。

常緑樹のはずのシイの木が冬眠する不可思議で妙にリアルな夢からすぐに去ったトモキたちでしたが、守形だけは一人。夢の秘密にちょっとずつ近づきつつありますね。トモキの『夢』から守形がこっそりと持ち帰ったドングリ。それの持つ意味は……。

そしてラストシーンではついにアストレア登場!! 颯爽と格好良く落ちてきましたが、さて。それは一体いつまで持つのかしら♪

次回に大いに期待です!!

百花繚乱サムライガールズ 

期待度:★★★☆☆
エロ度:★★★★☆

時は平誠二十某年。しかし登場人物は豊臣やら真田やら柳生やらと中々カオスな構成……。

まぁ、その辺は突っ込んでもしょうがないですけどね。スカウターやらスタングレネードとか普通に使ってますし。

墨を使った独特な演出が印象的。一話ではメインヒロインが登場せず、真田というくぎゅーなロリっ子メイン。実にちっぱいです(`・ω・´)

内容は扉を開けたらお着替え中のロリっ子と遭遇して何やかんやで妙なトラブルに巻き込まれるという……まぁ、お約束展開。

とりあえず、アバンから今後の流れは何となく察しましたが、これからどう展開するか楽しみですね。本格的にバトルが始まったら更に面白そうなので、今後に期待したいところ。

落ち物系ヒロインも二話からようやく出番ですし。どう動いていくか注目したいです。

あと真田が実にツボなロリっ子だったので、当面は視聴継続。登場キャラ多いっぽいので、埋もれぬよう頑張ってほしい。

もっとToLOVEる

期待度:★★★☆☆
ラブコメ度:★★★★☆

連載終了作品でまさかのアニメ二期放映を果たした作品。

ただ、赤ちゃんセリーヌがすでに居るとか、これ原作派じゃないと若干、置いてけぼり……? まぁ、セリーヌが可愛いので無問題ですな。

ちなみに私はジャンプ本誌で追ってたクチなので、内容は一通り見ております。セリーヌは結城家の庭に生えてた宇宙植物がなぜか幼女になった姿ですの。

個人的感想としては、内容は可もなく不可もなく。安心して見れるちょっとえっちな王道ラブコメって感じですね。

三本構成なので話のテンポも良くて好印象です。今後も安心して見れそうですなー。視聴は時間があればという感じで。

えむえむっ!

期待度:★★☆☆☆
変態度:★★★★★



以上!!



……というのは冗談です。原作はMF文庫から出ている同名ラノベ。

ドM体質な主人公と、癖のあるヒロインたちによるラブコメ。原作は四巻辺りまで読んだ記憶あり。

一話は可もなく不可もなく。三話までは様子見ですが、男嫌い系ヒロイン嵐子がデレ始めてからが『えむえむ』のラブコメパート本番でしょうかね。

主人公・太郎ラヴな姉・母を始めとしてキャラが濃い奴らが多いので、今後の展開に期待です。



さてはて。秋アニメ一話が一通り見終わった訳ですが、残すは禁書二期・FA・咎犬の血だけですかね。

FAはオーガストアニメのジンクスとキャベツの悪夢を振り切って成功できるのか。先に流れた地域では評判いいので期待したいですな。

しかし一話で頑張るアニメは後半息切れするという俗説が……。というか、一話で作画とか頑張りすぎると、後々比較されて色々言われるのですよね(´・ω・`)

あとはシナリオ面の心配。元々長期スパンで話の進むのがゲームですから、そこら辺をどう上手くまとめてくれてるのか。

まぁ、ぶっちゃけ今からそんな心配してても、三ヵ月後には全てハッキリクッキリする訳なので意味ないのですがね。



と。今日はこのくらいですかね。

キャプチャ取れれば、それなりに見栄えもするんでしょうけど、ノートじゃ処理追いつかない。かといってデスクトップ型はPS3置いてる場所からは遠い……。

というわけで、今期も感想書くときは文字オンリー。なるべく華やかかつ、見やすいのが理想ですが、感想書きもノリと気分次第なので安定せんのですなー。

この辺は真面目に感想書き目指す時になったら考えまする(´・ω・`)



それでは。今日はこの辺で。

しーゆーれいたー。

臨時更新。俺の妹がこんなに可愛いわけがないアニメ化決定キタ!!という話

まず。この記事はテンションとノリで書きたいだけ書いてます。ご了承ください。

というわけで、どういうわけでもないですが、


ついに俺の妹がこんなに可愛いわけがないアニメ化決定!!! キタコレ!

しかもイラストレーターのかんざきひろさんも参加!!

アニメーターが本職なので作画関連で関わるのかそれとも稀代のDJ鼻そうめんPとして音楽面で関わるのとか果たしてどうなのか!! 期待でハト胸ですよねコレ!!

やべーっすね。ついに来ますね! 桐乃や黒猫がアニメでぬるぬる動く日がついにキター!!

小説では京介視点の語りだけど、アニメではそうならないらしい。果たしてどんな形になるのか。桐乃視点の彼女の心情とか見てみたいです!!

京介の兄を見せるクライマックスシーンがアニメ化でどう表現されるのかもう気になって堪らないですよ!

キャストはドラマCDから続投なのか変更なのか。気になることはスペースデブリより多いですが、とにかく楽しみです!

ひょんなことからモデルで完璧超人な妹・桐乃のオタク趣味(妹萌え)を知ってしまった兄・京介。そして彼女から持ちかけられた人生相談。

冷戦状態だった兄妹関係がゆっくり変わっていくのは非常に見ものです。桐乃も濃いし楽しいし、色々ネタが仕込まれてます。知らない方は是非とも書店へ!! お勧めです!

アニメ化情報の詳細は5月10日発売『俺の妹がこんなに可愛いわけがない(6)』帯にて発表!

まて!次巻!!



ついかっとなって更新した。後悔は明日する。



今日は休日によりてアニメ三昧。



体育の日で三連休だけど、実質的なお休みは二日でした。ピヨ吉です。

休日出勤に風邪が重なってクタクタですがアニメは見ますよ?

ということで、録り溜めてた今秋放送のアニメ色々と見てきましたー。

録画したのは、とある科学の電磁砲・ささめきこと・そらのおとしもの。


とある科学の電磁砲
はやはり力入ってますね。黒子がお姉さま一直線の変態です。でもそこがイイ。

初春も美琴も可愛いですし、まったくの一般人である佐天もいい感じ。

始まる前は色々と不安もあったんですけど、この分なら安心して見られそうです。


そらのおとしものは原作通りの流れですね。まさに原作どおりなトモキの変態ぶり。会長のSっぷりも冴え渡ります。

作画も良くてコメディもシリアスもどんとコイって感じです。このクオリティで最後まで行って欲しいですね。

しかも次回は空飛ぶパンツ回。果たして、アレがアニメになるとどんな事になるのか今から楽しみですね。


ささめきことは見かけたのでついでに録画って感じでしたが、これは意外にイイカモ。

百合少女を主題にしたアニメのようですね。原作は未読ですが、作りは丁寧みたいで好感触。

最近は異能モノとかコメディ系ばっかり見てて、こういう静かなのってあんまりなかったんで新鮮。雰囲気的にはマリみてを思い出しますね。あっちは小説しか読んでませんが。

中心人物は今のところ三人。女の子が好きなことを公言する風間 汐と、彼女に恋するらしい村雨 純夏、二人の友人、鳥追 きよい

物語は風間が女の子を好きなこと、図書委員の先輩に恋しているコトから始まります。

大きな流れとしては風間の恋の一幕って感じなのですが、演出が良い。純夏の心の動きがよく分かってイイです。セリフとかは少ないんだけど、その仕草や表情で風間が好きだというのと、彼女と同じように悩んでいる様子がよく分かります。

好きな人が他の人に好意を抱いてるって分かると、居てもたってもいられない様子。こっそり図書室で二人を見ていたり。嫉妬心からケンカしちゃったり。

そして最後の演出が憎いです。風間の『ずっと、友達でいてね』の言葉とピアノの音が切なくて、純夏の『うん』、というたった一言の返事にどれだけの葛藤や想いがあったのかが滲み出るようでグッと来ます。

『ささめきこと』
今まで全くノーマークだったんですけど、これ何ていうダークホースですか。

視聴リストに追加っていうか、もう最優先?


ささめきこと。要注目です。


今週のライトノベル+α




今週の購入物です。

ラノベは、ロウきゅーぶ!<3>、ヘヴィーオブジェクト、小春原日和の育成日記と気になっていた三冊を購入。

それに、らき☆すた<7>も。相変わらずかがみが可愛くてしょうがないです。

ここには写ってませんが、ドラゴンエイジと電撃文庫マガジンも購入済み。

十一月には電波女と青春男が出たり、禁書目録も来るし、白山さんにシーキューブと気になる本が目白押しなので、今月はあと数冊でストップをかける予定です。

そして今回、電撃文庫マガジンに付いていた付録は乃木坂春香のフィギアでした。最近、こういうの人気みたいですね。



我が家でも着々とその領土を広げつつあります。ちなみに、かがみんは大きさの都合で別保管。

今月はいよいよブラック★ロックシューターが到着するので、いよいよをもって棚を購入する必要がありそう。というか、買わないとすでに許容量オーバーです……。

まぁ、細かいことはそのうち考えましょう。


といったところで今日はおしまい。しーゆーれいたー。

生徒会の一存視聴!


喉が枯れて声変わり中。ピヨ吉です。


金曜日放送でしたが、生徒会の一存見ましたー。

ちなみに、キャプのとり方は分からないので画像なし。

改めてみると本当に駄弁ってるだけですね。ほとんど生徒会から出ない。ひたすら駄弁るだけ。原作はよく書けてるなーと改めて感心です。

本編の方はアニメ化をネタにしたり、パロネタも満載です。クラナド、ひぐらし、ハルヒを筆頭に入れてますね。

ノリはいいけど、ストーリーがあってなきに等しい(はずの)生徒会の一存。どこまでやれるのか。今後に期待です。

とりあえず今回分かったことは、いじられる会長は最高にCute! コロコロ変わる表情がホント可愛いです。

ちなみに、テガミバチも見ました。意外と早い時間だったので偶然ですけれど。

こちらも中々にいい出来。テガミを届けるテガミバチという職を描くものですが、これは意外にダークホースかも。

テガミバチも密かに視聴リスト追加です。


@アニメのはなし


・けんぷふぁー


本当に原作通りキャスト揃えたらしいですね。ていうか、ハラキリトラ本当に初代しずかちゃんこと野村道子さんなんですね。よくOK取れたなー。

とりあえず、セップククロウサギの口の悪い田村ゆかりさんと委員長ら女子部三人衆がどうなってるのか気になります。

でも本編は何かネットでは評判が微妙なようでちょっち心配。原作はもうすぐ完結だけれど、果たしてアニメは最後でやるのかな。

・そらのおとしもの

こちらでは七日放送予定。すでにDVD特典がいくつか出てる模様ですね。一巻と三巻にはイカロス・ニンフの抱き枕カバーとか。

…………『咲』に続く気ですか? でも水無月すうさん描き下ろしなのは魅力的です。もちろんソフマップにて予約済みです♪ なぜか【とらのあな】は三巻限定版が見当たりませんでしたので。

ちなみに限定通常問わず、先着特典として乳・対比設定 マイクロファイバータオルが三種の絵柄からランダムで一種付くようです。

先着3000名らしいので気になる方は早めに予約したほうが吉かも。

ちなみに、キャンペーン参加店舗は以下のよう。

アニメイト全店

アニブロ全店

キャラアニ.com

ソフマップ ※下記店舗にて開催
 本館、アミューズメント館、パソコン総合館、PCゲームアニメ館、新宿2号店、大宮店 、
 横浜店、町田店、川越店、日本橋2号店、なんばザウルス1、梅田店、
 天王寺店、神戸店、京都店、四条河原町店、名古屋駅ナカ店、ドットコム

とらのあな全店(秋葉原A店は除く)

メッセサンオー

抱き枕カバーは他にもグッズとして七種類ほど販売する計画のよう。七種類目は不明ですが、シルエットを見る限りではエンジェロイド。

ということで、恐らくはアストレアも抱き枕になる模様です。彼女がアニメ本編に出るなら、人気次第では二期とかありえそうですね。

とりあえず、放送できなかった(できない?)という幻の14話も気になります。

以下の特設サイトにて抱き枕カバー七種のシルエット公開中。各話放送終了後、絵柄を公開していくようです。

サーパラグッズ開発部・そらのおとしもの抱き枕7種特設サイト

http://goods.surpara.com/page/soraoto


@気になること

娘タイプでストライクウィッチーズ公式コミック連載開始

作者は京極しんさん。二期に繋がるコミックのようで一話はリーネ&ペリーヌのガリア編。

娘タイプは近所に売ってないので買ってなかったんですが、これはチェックする必要がありますね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。