スパッタ飛び散るひよこの劇場。あっちこっちに飛び散る方向性をまとめつつ送るひよこのひよっ子な日常。アニメやコミック中心に色々と趣味に走っています。
工画堂スタジオ『白衣性恋愛症候群』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遅れてやってくる。という話

濡れ鼠。ピヨ吉です。

今日は朝から荒れた天気でした。降ってなかったので傘忘れたまま出勤。途中からザーザー降りに……。

幸いというか、ラインはとにかく暑いのと薄着だったのですぐ乾きました。すぐに汗で濡れましたが(´・ω・`)

こうも天気がコロコロ変わると体調崩しやすくて大変です。

南極ではオゾンホールが小さくなってきたけど、副作用で南極の温暖化が進むだろうとか、ペンギンに優しくない話題もちらほら。

最近はどこもかしこも天候が不安定で困りますね。

@気になること

『廻り巡ればめぐるときっ!?』応援バナーキャンペーン開始・店舗特典テレカ画像公開

このまま公開ないかなーと思ってましたが、バナー公開されたのでペタリと貼っておきました。

店舗特典テレカはすでに彩色されてますね。美世子と美遥のみしかないという偏り具合ですが、まだスペースがあるし、追加はあるかもですね。

今のところ、げっちゅ屋が最有力ですね。グッドウィルとかも表情が良いんですが、見返りの構図の方が好きなので。

あとは体験版出ないかなーと待ってますが、ブログでマスターがもうすぐとか言っている……。このまま特攻するしかなさそう。

こんそめ。6月25日へ発売延期。

こんそめ延期。お詫びイラストがトップにでかでかと出てますね。でもトップを飾りつつ、ショップ特典にその姿が見当たらないのは何故だろう。

ちなみに、予約キャンペーンも延長するそうなので、まだ予約してなかった私としては延期で良かった……のか?

延期組は六月にどんどん集まっていくけど、なぜか示し合わせたように25日に集結してるらしいですね。やはり、人の集まる発売日を狙った相乗りかな。

それはさておき。忘れないうちに予約しちゃわないとですね。見た感じ、予約するならげっちゅ屋ですかね。



と。今日はこのくらいです。

金曜日ということで色々やりたかったですが、明日も半日出勤と言われたので早いとこ寝ちゃおうと思います。

GWの影響で今月前半は忙しそうです……。


それでは。しーゆーれいたー。

スポンサーサイト

順調にダメ人間化。という話

恋色空模様プレイ中。ピヨ吉です。

こんそめ体験版が午前中に終わったので、恋色空模様やってました。

昨日プロローグだけやったんですが、テンポが良かったのと、ましろ色進める気分ではなかったので。

今は5話まで終了。6話に突入したところです。テンポ良くて面白いですねー。一話ずつ切ってあるので、ダレないですし、長さも苦にならず進めやすいです。

キャラもみな可愛いですしね。とくに佳代子が好きです。このまま共通突っ走ってルート突入ですかねぇ。

明日はもうちょっと進めたいところです。できれば個別まで突入したいところ……。

@ゲームの話

応援お願いするわね

こんそめ体験版やってきたのでちょいと感想でも。

とりあえず、かなーり長いです。

ヒロイン5人が主人公主催の同好会に集まるまでなんですが、1人出るたびにちょっとしたクエストがあるのでかなりの長さになります。

体感では2時間~3時間以上あるような気がしますが、実際、どうなんだろう……。終盤の『転校生・お竜』で一時間ほどあったので、もっとあるかも知れません。

体験版全部やってようやくヒロイン出揃うくらいなので、全体がどんだけなのかちょっと心配です。

でも、これだけ長くてもダレたりしなかったのはすごいなーと。

終盤の展開はなんちゅーか、お約束? RPGの王道的主人公って感じでした。あるいは中二?

あと、長さゆえかRPGっぽくしたかったのか、ボイスはメインヒロインのみ。サブキャラは声なしです。

システムの方は詳しくないですが、セーブ画面にLV表示が出てたのは面白い。体験版終盤では15くらいまで行きました。

LVが高くないと難度の高いクエストに挑戦できないってことでしょうかね。

演出面でもファミコンのゲーム画面とか、アイテム入手とか一昔前のRPG風でした。アイテムは幾つか呪われてましたけど。

選択肢も幾つか出てきましたが、ほぼネタなので強制ですね。『イエス』か『ハイ』しかないという。あとは、正解を選ぶまで延々エンドレス選択肢になるとこも。

ヒロインはみな個性的で良かったです。以下、ちょっと各ヒロインについて。

裏があるっぽい幼馴染。紺乃がヤンデレ系かなーと警戒してたんですが、わりあい普通でしたね。

練り上げた人生計画のため主人公を教育……じゃなかった。洗脳、でもなくてマインドコントロールしてるだけで。

RPGでいえば、お姫様ポジション……? 会話の断片から察するに、お嬢というべきかな。

轢殺ライダー。梧篭 燐。行動原理が気まぐれという自由人。ポニーテールが目印。ノリのいい熱血系って感じです。行動力がすごいですね。

天使の笑顔の悪魔。市倉 吉佳。多分、見た目と中身のギャップが一番強い人ですね。かなり利己的な神様を信仰してます。たまに悪魔の耳や尻尾が生える恐ろしい人。

妹(自称)の盗人。スィエ。健啖ですばしっこくて知恵は回るけど、色々謎で、作中ではキーになりそうなロリっ娘。見た目や普段の言動に反して、警戒心の強い野良猫みたいな子ですね。

アッサシンなシスター。汀 竜子。背後に回った人物を斬ろうとしたり、唐傘に仕込み刀を持ってたり危ない子です。序盤で予想は付くけど、やっぱり予想通りらしい子。

あと、わざとなのか性なのか、マウンドに立てば死の魔球、略して死球で打者を葬る恐ろしい子です。きっとバットを持たせれば葬らんで活躍ですね。

一応、伏せますが、本名は『赤音』。ホクロの位置と古傷から失踪した主人公の『妹』らしいです。

サブキャラも変人が多いですけど、正直すぎる担任を始めとして面白いキャラが多かったですね。

気になったのは吉佳ですかね。裏表の切り替えが清清しいほどきっちりしてます。外面は厚いようで割と薄く、中身は悪魔みたいな人です。

友情とか信頼に価値を見出さない人ですが、こういう人が終盤、ピンチに駆けつけたりするのが王道ですが……さて。どうなるんでしょうねー。楽しみです。

あとはスィエと竜子も気になるところです。二人とも物語の鍵を握ってそうです。紺乃もそうですよね。三人に共通するモノは分かりましたが、さてはて。それが一体どう絡んでくるのか楽しみです。

唯一不安なのは、シナリオですかねぇ……。体験版だけで相当量あった気がするんですが、本編はいったいどのくらいの長さになるのか。

短くても不安ですし、長くてもダレないか不安という……。

体験版はちょこちょこ山が入るので、そんなにダレる印象なかったです。主人公の思考も割と面白かったので、製品版でもこの調子で行って欲しいところ。

…………体験版はver 1.00ってますけど、まさか第二弾来たりしないですよね?



と。今日はこんなところですねぇ。

ゲームしかしてない一日でした。明日くらいはちょこっと外に出て陽を浴びたいところです。

あとは、そろそろ五月の予約せねば……。

体験版やった後だと、ぐらタン・こんそめが気になるところです。廻り巡ればめぐるとき!?も気にはなるけど……体験版でる気配なし。

他にも幾つかチェックしてますが、現時点では置き場・こんそめ・ぐらタン辺りですね。

置き場がない以外も無事マスターアップしてくれることを祈るばかり。



それでは。今日はこのへんで。

しーゆーれいたー。

魔王的お試し版。という話

体験版消化中。ピヨ吉です。

落としても落としても次から次へ現れる体験版……。「私を落としても直に第二第三の私が――」って貴様等は魔王か! と言いたくなる今日この頃です。

今のところ気になる奴だけ落としてますが、今日は落とした五つの中から三つ消化してきました。

まだ『こんそめ』と『よう∽がく』が残ってますが、そちらは明日やろうと思います。

@ゲームな話

体験版いくつかやってみたので、それの感想など書いてみたいと思います。

今日終わらせたのは、ゴスデリ・ぐらタン・bitter smile.の三つ。



Loseの処女作となるゴスデリ。CG総数300枚を使ったビジュアルモーションノベル。

内容としては、伝奇モノになるんでしょうね。ヒロイン・ローとそれを狙う組織、退魔師たち。

体験版では、従者を探しにキタというローと、彼女を狙う退魔師との交戦までが収録されてます。

感想としては、雰囲気がすごく良いです。全編CGで、その上に本文が表示される形ですが、普段の主体はキャラクターと風景。

場面場面でキャラクターのアップや、カットインが入って盛り上げてくれます。

特に体験版終盤にあるバトルシーンは挿入歌もあって盛り上がりますね。臨場感がすごいです。

あとは、エッチシーンがちょっと特殊です。体験版によると、特定場面を通過するごとに鑑賞モードに追加されていく独立仕様とのこと。

収録されているシーンはロー。尺はたぶん短め。

キャラ的にはローも良いですけど絶火が思ったよりお気に入りです。エージェント・スミスもかなり面白い人物でした。

序盤でしか登場しないですが、結構、濃いキャラでしたね。煽るだけ煽っておいてアレはない。

CGの方は文句の付けようなし。かなり先が気になるので、ゴスデリは購入確定。



コットンソフトの美少女変身ホームコメディ。

内容はヒロインごとのダイジェスト。多少時系列が前後してますが、全部プレイすると序盤の流れは大体把握できます。

ウィンドウモードがちとでかいです。1366 x 768しかない自分のノートPCでは下が見切れます。フルスクリーンなら特に問題なし。

キャラ別ダイジェストは三つほどシーンがあり、それほど長くないですね。それぞれ変身シーンが見れます。

キャラ的には涼芽と岬子が好きですね。涼芽は王道的な幼馴染で、岬子は変身後のハイテンションっぷりがすごい。会話の掛け合いが楽しいし下克上します。

購入は検討中。ノリと雰囲気は気に入ったので予約したいですが……特典テレカが偏りすぎて選定に難儀してます。

戯画『 bitter smile 』応援バナー企画参加中!

戯画の新作。ねこにゃんさんがシナリオ参加ということで、期待半分不安半分。

内容は、主人公が街に越してきてから転校生が来るまで。大体一時間くらいだと思います。

体験版の終わりの方とかシナリオは結構気になりました。幼なじみとの三角関係がメインになりそうです。

桜子の心情とか考えると、これからどう物語が展開していくのかすごい楽しみですね。

キャラ的にも気に入りましたね。みいが色々やってくれます。回りくどいですけど。姉をからかったり、主人公をからかったり。

主人公がシスコンだったのも印象的。妹の雪葉にはかなりウザがられてます。

ただ、転校生の宮津橋がすごい謎キャラでした……。すごいマイペースで、色々行動とか読めない。現状かなり苦手なキャラです。

購入は確定。あとは店舗特典などが公開されるのを待って予約します。

@気になること

アニメ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』公式サイトオープン

昨日はAngelBeats!待機中にリアルタイム更新に遭遇。テンションだけで臨時に記事上げてました……。

ソースはアキバblogさんですが、個人サイトでアニメ化発表というのも、流石『俺妹』ですね。原作にも実名登場してますし。

そんな昨日発表された『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』ですが、公式ページが完成したようです。

ラベルにアニメ化と書かれたソースを持った桐乃がトップで「ソースはあたし」と言ってます。

伏見つかささんのコメントと、文庫のβ版公式サイトなどしかないですが、五月中に公式サイトで色々発表していくらしいです。

キャストなどは6巻帯で判明ですからね。フライング発売の8日が土曜なので、来週の金曜には分かるはず。

ドラマCDと同じキャスティングでしょうけど、スタッフの方が激しく気になります。一体誰か監督するのか。スタジオはどこなのか。一週間後が待ち遠しいです!!



と。今日はこんなところですね。

ほとんど体験版やって一日終わった感じですが、どれも楽しめたんでOKですね。

五月は絞っていきたいので、まだ出てない所もそろそろ出してほしいところです。


それでは。今日はこの辺で。

しーゆーれいたー。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。