スパッタ飛び散るひよこの劇場。あっちこっちに飛び散る方向性をまとめつつ送るひよこのひよっ子な日常。アニメやコミック中心に色々と趣味に走っています。
工画堂スタジオ『白衣性恋愛症候群』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貯金以外はよく溜まるという話。


積んでいた漫画『ひゃくえん』を読了。ピヨ吉です。

百合っぽい匂いのする日常系節約漫画でした。内容としては、互いの夢のため節約に励む女子高生二人の貧乏同居生活。最近は四コマばっかだったので、久々に普通の漫画を読んだ気がします。

買った理由は表紙買いしたというか、単純に円の猫っぽい髪型が決め手だった気がします……。

でも中身は良好。百(もも)は可愛いし、何より円(まどか)のツンデレ具合が良い。ストーリーは、ほのぼの中心ですが、二巻は何やら波乱の予感。期待です。


@アニメの話とか

遅ればせながら、れでぃ×ばと一話の感想でも。

キャラデザが気になってたんですが、見た感じそうは気にならないですね。動きがあると、やっぱ違います。

第一話は序盤を上手くまとめてドタバタ劇+キャラ見せ回にしてますね。冒頭はちょっとなぁ……と思ったりもしたけれど、おおむね好印象スタート。

キャラ見せのためか、原作だと出番は割と先になるピナたちまで登場。ただし、原作第一話で登場する上育科唯一の男子生徒、風祭灯一郎の登場シーンは綺麗さっぱりカットされてるという。

セルニアは…………大人しくなった? 女の子っぽい描写が増えてる分、これはこれでアリかも。

まぁ、中盤は直接描写がなかっただけで、相当大暴れしている模様。この辺はやっぱりセルニアらしいです。

朋美は透明度0% 暗黒面を構成する成分Sは原作よりも増量されてる感もあったりして中々良い感じ。秋晴やセルニアを弄るときのあの黒い笑みが最高です。

今後、どうトラ“ウマ”メーカーとしての本領を発揮してくれるのか。大いに期待です。

ただ、気になったのは秋晴のトレードマークである耳に挿した安全ピンが無かったという点。意図的なのか、単なる描写忘れか。

細かく見れば色々ありますが、全体的にいえば…………原作どおりのエロコメ路線。テンポよく進む面白さは良い意味で予想外。

△・□関係の恋模様が出てくるのは原作でも遅めだったと思うので、印象的にアニメはこのままドタバタ劇中心になるかな。次回以降への期待値は高め。

ちなみに、先行放送と違い、本放送では湯気エキストラをずいぶん雇っているようです。



@本日の購入ラノベ




・さくら荘のペットな彼女
・天穹のカムイ



天穹のカムイは近所の書店にてポイント購入。

今更ですが、作者はハセガワケイスケさんだったんですね……。気づかなかった。

死神のバラッドや水玉パニックの作者さんですが、既刊は水玉しか読んでませんね……。死にバラは気分の問題で読んでません。まとまった時間ができれば読んでみたいのですけどね。

どうやら軍施設の集まった人工島が舞台のよう。尖った物が多い最近では珍しい、ボーイミーツガールかな。


さくら荘のペットな彼女は本屋に並んでいなかったので、隣の市まで足を運んできました。

実はえるえるシスター最新刊があったので、どっちにしようかちょっと迷いましたが『さくら荘のペットな彼女』に軍配。

理由は……第六感。じゃなくて、単純に気になったからです。なんていうか、日常系みたいだし、ヒロインとかもうストライクっぽい予感がひしひしと。

あとは、やっぱりイラストが決め手。絵師は溝口ケージさんという方なのですが、この絵のタッチって見覚えがあるんですが……はて。どこで見たんだっけ。

くるくるクロッキー読み終わったら早速読んでみたい。けど藍坂素敵な症候群も読みたいし…………迷うところです。



あと、らぶちゅーも書店にて見かけたので、口絵だけ見てきたんですが……。

うん。これは間違いなく萌え路線。

さすが萌王に連載されているだけあって、一緒にお風呂とかストレートに狙ってきてるようです。大事な部分はプレーリードッグだしね。

むー。萌え色が強すぎて余りそそられない。

読んでみないことには何とも言えないですが、ストーリー的に気になる部分もあるので、そちらでも魅せてくれることを期待して、給料日に購入予定です。



@気になる話とか


そらのおとしもの。未放送十四話はプール回

 公式にて十四話のことについて発表されたようですが、プールの話になるようです。

 十四話はこれだ! という文とともに載せられていたのは、原作にあるひとコマ。このコマは『あの人』がプールを暴走させた回……!?

 さらに、最後の方に気になる画像がありました。

 果報は寝て待て! という煽り文の上には……

 アストレア!! これは何て二期フラグですか!?

 例のコマも、アストレアがトラブルを引き起こした回だったはず……。

 まさか、ここまで思わせぶりに引っ張っといて、実は彼女の出番は一切ありません。なんてことは無いでしょう……たぶん。

 アニメ自体は人気もあったはずだし、昨今の流れなら十分二期もありえるはず。

 まぁ、するとしても随分先の話でしょうが、今は続報待ちです。最終回はディレクターズカット、しかもエピローグが追加されて6分長いようですし。

 というわけで、すべては7巻で明らかに。…………………なるといいなぁ。



 と、そんなこんなで今日は早めの更新です。

 理由は何となく。あとはアニメの感想書くついでに筆が乗ってそのまま書いちゃいました。

 さて。ましろ色もですが、ラノベも読み進めなきゃですねぇ。もうすぐGA文庫と富士見の発売日ですし。

 …………とは言ったものの、今のトコGAは買う物なし。富士見も『神様のいない日曜日』以外に買いたいのは4冊。

 ガガガ文庫は『人類は衰退しました<5>』と、ダークに尖ってて気になる新作がひとつ。

 MFも無いですね。ファミ通は気になるのが一作。むしろ、ファミ通の本命は二月に出るバカとテストと召喚獣7.5。

 リストアップしてみると、今月はあと計7冊。こんな買うから本棚が足りなくなる

 来月は小説版『そらのおとしもの』とか出ますし、積まないように気をつけないとですね。



 それでは、今日はこの辺で。

 しーゆーれいたー。


コメント
No title
相変わらずのラノベ魔神っぷりですねw
>れでぃ×ばと!
視聴環境がないのでネットで後で見てみます~

>そらおと
未放送14話ってDVDに収録されるんですかね?
気になるなぁ~
自分的には12話のニンフのキスのくだりが可愛くて何度も見てしまいますw
2010/01/10(日) 21:45 | URL | こう #-[ コメントの編集]
No title
>萌え色が強すぎて
狙い過ぎな作品の場合、逆に萎えますよね。
バランスは難しいなと思います。

ラノベは私も積んでいるのに新しいものを購入するので、積みが余計に増えます。
好きで積んでいるわけでは無いのですがね……
2010/01/10(日) 22:40 | URL | 猫崎ミナギ #UhjyfJNM[ コメントの編集]
No title
>萌え色が強すぎて余りそそられない
私も最近、あらすじを読んで「コテコテの萌え系かあ」と思って
諦めるパターンが増えています。

萌え一辺倒な作品はさすがに飽きてきたかな、と言う感じでしょうか。
最近よく読むラノベが、割とシリアス路線が多くなってきたのは
萌えに対する反発なのかな、と思ったり…
2010/01/10(日) 22:56 | URL | 細川 #k/zexf7w[ コメントの編集]
No title
>貯金以外はよく溜まる
ホントによく溜まりますね(汗)
そして消費するスピードはお金が一番です(マテ
2010/01/11(月) 10:01 | URL | 元井 広夢 #4ph23zis[ コメントの編集]
Re: こうさん
> 相変わらずのラノベ魔神っぷりですねw
> >れでぃ×ばと!
> 視聴環境がないのでネットで後で見てみます~
私は読書量がまだまだなので、ラノベ魔人とまでは行かないですねぇ。多分。
れでぃ×ばとは原作ともどもお勧めですよ。

> >そらおと
> 未放送14話ってDVDに収録されるんですかね?
> 気になるなぁ~
> 自分的には12話のニンフのキスのくだりが可愛くて何度も見てしまいますw
14話はDVD収録ですね。ニンフは可愛いですよね。
原作でも一番好きなキャラだったり。
2010/01/11(月) 17:13 | URL | ピヨ吉 #-[ コメントの編集]
Re: ミナギさん
> >萌え色が強すぎて
> 狙い過ぎな作品の場合、逆に萎えますよね。
> バランスは難しいなと思います。
萌え色が強くても物語として面白ければアリなんですけど、狙われると萎えますね。
狙わないキャラの自然な動作にこそ萌えはあると思うのです。

> ラノベは私も積んでいるのに新しいものを購入するので、積みが余計に増えます。
> 好きで積んでいるわけでは無いのですがね……
ラノベって入れ替わり激しいですからね。
積みを崩してから買ってると、今度はシリーズが進んで刊行数が積んでいるという……。
2010/01/11(月) 17:15 | URL | ピヨ吉 #-[ コメントの編集]
Re: 細川さん
> >萌え色が強すぎて余りそそられない
> 私も最近、あらすじを読んで「コテコテの萌え系かあ」と思って
> 諦めるパターンが増えています。
そういうパターン経験あります。
需要があるから出てるんでしょうけど……、さすがに食傷気味です。

> 萌え一辺倒な作品はさすがに飽きてきたかな、と言う感じでしょうか。
> 最近よく読むラノベが、割とシリアス路線が多くなってきたのは
> 萌えに対する反発なのかな、と思ったり…
萌えは氾濫しまくってますからねぇ。供給過多です。
シリアスも割と氾濫してますが、こちらはストーリーで読ませてくれるのも多いのでよく読みます。
萌えに反発しても、萌えに反応してしまう私です……orz
2010/01/11(月) 17:20 | URL | ピヨ吉 #-[ コメントの編集]
Re: 元井 広夢さん
> >貯金以外はよく溜まる
> ホントによく溜まりますね(汗)
> そして消費するスピードはお金が一番です(マテ
貯金もラノベ並に溜って欲しいところです……。
金は天下の回り物ですからね……という言い訳の元に散財してしまうという。
2010/01/11(月) 17:22 | URL | ピヨ吉 #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。